バガモヨポレポレ通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウントダウン

気がつけば、あと2週間で帰国です。
毎日があっという間に過ぎていく今日この頃、なのに片付けが進まず焦るばかり。

今日日本に荷物を送るために、バガモヨの街まで行ってきました。
国外に荷物を送る場合は、まず税関に行き、中身をチェックしてもらってから郵便局で発送します。
バガモヨの税関と郵便局は離れた場所にあるのでちょっと不便なのですが、ありがたいことに配属先から車を出してもらえたので、苦労せずに行くことができました。
また、これまでに荷物を送ったことのある人から、税関の手続きがかなり面倒で、とても時間がかかって大変だと聞いており、実際昨年帰国した先輩は、荷物を送るのに何時間も手間取り、疲れた様子で帰ってきたのを覚えていたので、ある程度時間がかかるだろうと覚悟したうえで行ったのですが、予想以上に手続きがスムーズで、それどころか、荷物を全部リストにして持っていったら特に中身もチェックされず、あっさりと終了してしました。
他の仕事もいろいろあって忙しそうだったからかもしれませんが、こんな適当でいいのか?と思ってしまったほどです。こちらとしてはありがたかったけれど。

こうやってやるべきことがひとつひとつ終了していくと、出発も間近なんだなあとちょっと感慨深い今日この頃です。

配属先の方は、先週の金曜日に卒業式があり、生徒たちもいなくなり(まだ残っている生徒もいますが)、静かになった分ちょっと寂しくなってしまいました。
図書館に毎日来てくれていた、密かにお気に入りの生徒と最後にちゃんと挨拶できてなかったため、残念だなあと思っていたのですが、昨日ひょっこり図書館に現れて、いつものように「えり、シカモー(目上の人にする挨拶)」と言われたとき、なんだか不覚にもうるっとしてしまい、慌てて泣きそうになるのをこらえました。
自分が泣きそうになってしまったことにびっくりだったのですが、もう会えないと思っていた生徒に会うことができたことがとても嬉しく、それと同時に今後は会えないのだと思うとやっぱり悲しく、そんな感情が一気に湧き上がってきて、涙腺が刺激されたようです。
今からこんなでは、週末に企画してくれているらしいお別れ会の時自分はいったいどうなってしまうのか…。
また任地を離れるときも、どれだけ泣いてしまうのか…考えるだけでも怖いです(笑)
卒業式
卒業生と一緒に。
わたしが着ているのは、職員全員に配られたお揃いのポロシャツ。なぜか一番小さいサイズがXLで、どう見てもぶかぶか(笑)



おまけ

eri mdogo
配属先の職員の子どもで、エリという名前の女の子。ほんとはエリなんとか、と長い名前なのですが覚えられず。みんなも「エリ」と呼んでいるので、わたしも「エリ ムドゴ(小さいという意味)」と呼んでいます。
わたしに似て(?)ちょっぴり恥ずかしがり屋さん。

スポンサーサイト

Utamaduni wa Kijapani(日本文化)

最近また新聞代が払えず、配達が途絶えてしまった図書館。
もちろんネットもなく、新しい本も入らず、当然のように利用者の数は激減し、「エリの図書館は、何にもないってみんな話してるよ」という生徒の言葉が胸に刺さる今日この頃ですが、どうせ人も来ないんだから多少うるさくなってもいいや、ということで、後輩隊員と一緒に、図書館で日本の文化紹介という名目で遊ぶことにしました。

昨日と今日の2日間、時間を午後2時から閉館の4時までの間と設定し、1日目はお箸を使ったマハラゲ(豆)拾い競争、2日目はけん玉・折り紙などの遊び体験、という予定でした。
一応数日前からポスターを作り、生徒用の掲示板と図書館の入り口に貼り付けてみたところ、興味を持った生徒が「あれは何?」「絶対自分が勝つからね!」「賞品はあるの?」と声をかけてきてくれました。
結局1日目に来てくれた生徒は10数名。1人1分間に何個の豆が拾えるか、という競技だったのですが、みんな真剣そのもので挑戦していました。
豆拾い競争

驚いたのは、みんな上手に豆を拾っていたということ。私たちの予想では、全然使えなくて、3,4個くらいしか拾えないのではないかと思っていたのですが、実際始まってみると、10個や20個は当然のごとく、一番拾えた生徒にいたっては、34個という驚くべき数字をたたき出していました。
本当はこの日だけで豆拾いは終了する予定だったのですが、参加した生徒たちが、ぜひファイナルをやりたい!と言いだしたため、2日目にもう一度、今度は上位7名の生徒で競い合うことになりました。

さて、本日はその2日目。
直前まで大雨が降っていたことと、前日もアクティビティ開始時間からだいぶ経ってから人が来だしたこともあり、この日もすぐにはやってこないだろうな、と思っていたのですが、意外や意外、開始時間からわずかでファイナル出場者たちがやってきて、こちらの期待以上の本気ぶりを見せてくれました。本番開始前の練習でも真剣そのもので黙々と豆を拾い上げ、本番開始のときには緊張で手が震える、と言いだす生徒まで。

その結果、なんとファイナル優勝者の成績は40個。昨日初めて箸を使ったという子が、今日には1分間に40個もの豆を拾い上げるというのは驚異としか言いようがありませんでした。ちなみに私も一緒に挑戦してみたのですが、結果は34個…初心者のタンザニア人に負けてしまうとは、箸文化の日本人としては面目丸つぶれです。
他の生徒たちも30個前後の豆を拾い上げていて、なかなかの上達ぶり。
そして、様子を見に来た生徒たちも「やってみたい!」と言いだしたため、その子達にもやらせてみると、やっぱりみんなとても真剣で、何度も何度も繰り返し挑戦していました。

豆拾い以外のけん玉や折り紙も好評で、折り紙の手順に四苦八苦している生徒もいましたが、上手くできあがると嬉しそうに喜んでいました。
折り紙


今回生徒たちの様子を見ていて改めて思ったのは、タンザニア人って案外手先が器用なんだな、ということ。
お箸の使い方もそうですが、折り紙を折っている様子を見ていても、よく外国人に折り紙を教えると、紙の角が合せられなくて苦労する人が多いと聞くのに対し、今日の生徒たちはなかなか折り方が綺麗で、すぐに折り方を覚えて他の子たちに教えている生徒もいました。

閉館時間の4時を過ぎ、終了を告げると、生徒たちは「またやりたい」「他の折り紙の折り方も教えて」など言いながら帰って行き、そんなふうに楽しんでくれた生徒の様子を見て、終わったときには少々疲れていたわたしたちも、「なかなか楽しかったね」と言い合うことができました。こんなことなら、もっと以前からやっていればよかったのかなとも思いますが、それはいまさら言っても仕方がないことなので、もし時間があればまたやってみてもいいかもなと考えています。



おまけ

夕方のビーチで。
近所の子どもたちが薪拾いをしてました。
いつも遠くからでも「えりー!」って呼んでくれます。
薪拾いの男の子

週末の過ごし方

サファリの話が多いため、任地を離れてばかりいるように思われるかもしれませんが、サファリがないときは今まで以上に引きこもり傾向が激しくなっている今日この頃です。以前は週末や平日の夕方などバガモヨの街に行って買い物のついでにご飯食べたり、ちょっとお酒を飲んだりしていたのに、今では週1回の買い出しに行くくらいで、いつもの市場と商店で買い物を済ませるとあっという間に帰ってしまうように。その滞在時間はおよそ30分。
最近バガモヨの街でご飯食べたのっていつだったっけ…?と日記を読み返すと(思い出そうにも思い出せなかったため)、なんと2月26日のことでした。

日本帰国まであと2か月ちょっとしかないのだから、もうちょっとバガモヨの街も見て歩かないと…と思いつつ、なかなか重い腰が上がりません。

じゃあ、休みの日は一体何をしているのかというと、ほとんど家で過ごし、ときどき学校の敷地内をプラプラ散歩する程度。今回の土日も、一瞬バガモヨに買い物に行った以外はずーっと任地にこもりっきりで、釣りをしたり散歩をしたり。出歩くときはあとちょっとだからと思い、カメラを持ち歩き、今ではすっかりおなじみになった風景を撮ったりして、出会ったタンザニア人とお喋りしながらのんびり過ごしました。



ムケカ(ござ)編みをしているママたちに会い、編み方を習ってみたり。

ムケカ編み



聖歌隊の練習をしている人たちの歌を聴きながら海を眺めたり。

聖歌隊練習風景

歌っている人たちの風景を撮りたかったのに、なぜか私も彼らの中にいるやらせ写真を撮られるはめに。



彼らが美しいハーモニーを奏でながら練習しているすぐ後ろには、こんなに穏やかな海が広がっていました。

beach2


こうして見てみると、自分の任地ってちょっとしたリゾート地みたいだな、ってあらためて思います。こんなのんびりした環境に2年間もいたら、日本に帰国してから慌ただしさに目を回してしまいそう…。

beach1

ザンビア旅行③~ザンベジ川を満喫~

翌日はザンベジ川でカヌーをすることに。
今回の旅はインドア派の私にしてはなかなかアクティブな内容です。

カヌーを希望していた同期隊員の話によると、流れに身を任せていればいいだけから必死に漕ぐ必要もないし心配ないよ、とのこと。その言葉を信じて行ってみると、実際はカヌーというよりカヤックのような感じで、各ボートに2人ずつ乗り、息を合わせながら左右交互にパドルで漕いで行くものでした。
最初、「チームマクタバ(図書館)でやろう!」と意気揚々乗りこんだものの、2人とも初心者のため完全に操舵不能で、ものの10秒くらいでガイドからの「2人はそれぞれガイドと乗るように」との指示があり、あっけなくチームマクタバは解散となりました。
その後ガイドと一緒に乗ったものの、上手くパドルを漕ぐことができず、たちまち腕はパンパンになり、それでもガイドの「右、左、右、左」の掛け声とともに、せっかくのザンベジ川の景観を楽しむ余裕もなく必死に漕ぎ続けました。
漕ぎながらも心の中で、カヌーは楽だよと言っていた同期隊員に、「話が違うじゃないか、嘘つき~」と悪態をついていたのは言うまでもありません。

カヌー
漕ぐので精いっぱいで写真を撮る余裕がありませんでした…。

それでもしばらくするとなんとなく漕ぎ方が分かってきたことと、水の流れに身を任せることで休憩ができるようになったことで、それなりに楽しみながら進んでいくことができました。途中、カバやゾウの姿が見えたり、様々な鳥を観察しながら、およそ2時間の川下りを終了しました。

その後街まで車で送ってもらい、お昼ご飯を食べることに。
そこで入った店がとてもおしゃれで、でもそれほど値段も高くもなく、何と言っても料理が美味しい素敵なカフェでした。この日ももちろんシマを食べたのですが、柔らかくて美味しかった!こんなお店、任地にも欲しいなあとしみじみ思ってしまいました。

その後ゲストハウスに戻り少し休憩したあと、夕方また迎えの車が来て、今度はザンベジ川のサンセットクルーズへ。
ドリンクや食事とともに雄大なザンベジ川のクルーズを楽しみ、美しい夕日を眺めるという贅沢な時間を過ごすことができました。
サンセットクルーズ
この日はまさに、ザンベジ川の魅力を堪能する1日となりました。

こうしてリビングストンでの滞在は終了し、翌日の朝再びルサカへ向かいました。
ルサカで1泊したのち、タンザニアへ帰国。

ザンビアの、穏やかな雰囲気も良かったですが、タンザニアに戻ってきてスワヒリ語が聞こえてきたとき、なんだかとてもほっとしました。
タンザニア人の暑苦しさも、なんだかかわいく思えたほど。

タンザニアとよく似ているようで、ちょっと違うザンビア。
国の違いって面白いなと感じることもできた旅でした。

ザンビア旅行②~ビクトリアフォールズ~

ルサカからバスでおよそ7時間の町、リビングストンへ。
この日は夕方ゲストハウスにチェックイン後、翌日から2日間のアクティビティを予約したあとは、散歩がてら夕食を食べに行っただけで終わりました。
泊まった宿がとても快適で、こんな素敵なところだと知っていたら、もっと長く滞在したのに!と思ったほど。

翌日の朝、朝食後いよいよアクティビティ開始。まずはいきなりマイクロライトから。マイクロライトというのは、超軽量の小型航空機で、今回乗ったのは操縦士との2人乗りのものでした。
マイクロライトの乗り場に着くと、係員に早く早くと急き立てられ、心の準備もできないままに、防寒具を着させられ、ヘルメットを装着され、操縦士の後ろに座らされてしまいました。サンダルを履いて行ったら脱がされて、なんと裸足で乗ることに(笑)
息つく暇もない感じでいきなり出発。離陸後ぐんぐんと空を昇って行く感じがたまらなくワクワクしました。
そしてあっという間に眼下には雄大なザンベジ川が広がり、その周りに広がる木々の間にゾウの群れが歩いているのが見えました。
そして、視線の先には白い水煙を上げているビクトリアフォールズの姿があり、どんどんそこに近づいて行きます。
マイクロライト

ゴウゴウと音を立てる向かい風に、防寒具のチャックが開いて脱げそうになるのを必死に手で押さえ、かろうじて聞き取れるパイロットの言葉に耳を傾け説明を聞きながら、目の前に広がる風景にただただ圧倒されていました。風の音やプロペラエンジンの音にも負けず、巨大な水の塊が轟音を立てながら流れ落ちていく様はまさに圧巻で、ただただ息をのむばかりでした。
フライトは15分足らずですがそれでも十分満足のできるものでした。

マイクロライトが終わった後は、自然公園へ入場し滝を近くから見学することに。水量の多い時期なので濡れるよとは聞いていたので、一応雨具のポンチョを用意していたのですが、その水の勢いは想像以上。滝からちょっと離れた場所にいるにもかかわらず、水しぶきが降りかかり、まるで大雨洪水警報の中歩いているような感じでした。
ビクトリアフォールズ

防水のコンデジで頑張って写真も撮ってたのですが、後で見てみると一面真っ白でなにがなんだかわからない写真が取れていました。

びしょ濡れになったあと、休憩がてら近くのホテルでソーダを飲み、街に戻ってお昼ご飯。ここで初シマ。やわらかめだけど、任地で食べるウガリとあまり変わらない感じでした。
このレストランの女の子が、近年まれにみるおっちょこちょいっぷりで、それが何とも可愛らしかったのが印象的でした(笑)。

午後はゲストに戻り、プールで泳いだりお昼寝したりとのんびり過ごし、夜になってからいよいよルナレインボーを見に、再びビクトリアフォールズへ。
本当に虹が見えるのかなあと、半信半疑の面持ちで行ってみると、確かに満月の光を受けて、滝のそばに虹がかかっているのが見えました。
昼間に見た虹とは違い、なんともはかなげで幻想的な光景でした。
満月の夜の虹。なんだか物語ができそうなかんじ。
写真を撮りたかったけれど、さすがにコンデジでは無理でした。残念。

そして気がつけばこの日1日で、自分の目的はすべて果たせてしまったのでした。

さて翌日のアクティビティは…?

③へつづく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。