バガモヨポレポレ通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

shida ya maji

shidaは問題、 majiは水のことです。

先々週の金曜日から水が止まり、火曜日の夕方にようやく復旧しました。今までもたびたび水が止まることがありましたが、短時間だけとか、長くても2日間くらいで済んでいたのが、今回は5日近くも出なかったため、何かと不便な思いをしました。
以前2日間断水になった時に、日頃から水を溜めておくことがとても重要だということを痛感したので、復旧するとともに大きめの樽とミネラルウォーターの空の容器に水を溜めていたのですが、その水も減ってしまい3日目と4日目には外に水を汲みに行くという経験をしました。3日目に行ったのは家から歩いてすぐの、学校の事務所の外側にある水道で、そこはなぜか断水になっていなかったのでそこから水を汲み、運びました。4日目になると、その水道も止まってしまい、また別の場所にある水道管から水を汲むことになったのですが、そちらの水がびっくりするくらい濁っていました。
maji

写真に向かって左側が3日目に汲んだ水で、右側が4日目に汲んだ水です。一見きれいに見える左側の水もそのままでは飲めないので、料理などで使う場合は濾過をして、煮沸してから使います。右側が4日目に汲んだ水で、現地の人曰く「沸騰させれば大丈夫」らしいのですが、今回は料理には使用せず、トイレ用にしていました。今はまだちょっとこの水を使うのに抵抗を感じていますが、そのうちこの水で料理をするようになるのかなあと、思ったり。そうならずに済むことを願うばかりです…。
わたしの任地は水道も電気もあり恵まれているのですが、断水になってしまうと途端に何もかもやる気力が失われて、食事もビスケットやバナナをかじったりするくらいで、なるべく洗い物などが出ないようにと偏った食生活になりがちです。街から離れた場所なので外食もあんまりできず、常にお腹を空かせていました。

そんな中とても助かったのが、敷地内のバーで「お腹空きすぎて死にそう」と言って作ってもらったご飯(ウガリ+おかず1品)と、日本から送ってもらったインスタントの食品です。トウモロコシ粉をお湯で練っただけのウガリは最初苦手だったのですが、今では結構好きになってきました。
そして、日本のインスタント食品はすごい!!その手軽さと美味しさに大感激です。日本にいるときは何気なく食べていたインスタント食品ですが、味付けの細やかさや計算しつくされたこだわりみたいなのが感じられ、やっぱり日本ってすごいな~と感動しながら味わって食べました。

ようやく断水が終わったときは、水道から水が出てくるということのありがたさをしみじみ感じました。蛇口を捻ったら水が出てくるなんて、なんて素晴らしいことでしょう。しかも、濾過や煮沸が必要ではあるけどある程度きれいな水が出てくれてることが、本当にうれしい!!
断水後最初にしたことは、もちろん水を溜めることです!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。