バガモヨポレポレ通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Utamaduni wa Kijapani(日本文化)

最近また新聞代が払えず、配達が途絶えてしまった図書館。
もちろんネットもなく、新しい本も入らず、当然のように利用者の数は激減し、「エリの図書館は、何にもないってみんな話してるよ」という生徒の言葉が胸に刺さる今日この頃ですが、どうせ人も来ないんだから多少うるさくなってもいいや、ということで、後輩隊員と一緒に、図書館で日本の文化紹介という名目で遊ぶことにしました。

昨日と今日の2日間、時間を午後2時から閉館の4時までの間と設定し、1日目はお箸を使ったマハラゲ(豆)拾い競争、2日目はけん玉・折り紙などの遊び体験、という予定でした。
一応数日前からポスターを作り、生徒用の掲示板と図書館の入り口に貼り付けてみたところ、興味を持った生徒が「あれは何?」「絶対自分が勝つからね!」「賞品はあるの?」と声をかけてきてくれました。
結局1日目に来てくれた生徒は10数名。1人1分間に何個の豆が拾えるか、という競技だったのですが、みんな真剣そのもので挑戦していました。
豆拾い競争

驚いたのは、みんな上手に豆を拾っていたということ。私たちの予想では、全然使えなくて、3,4個くらいしか拾えないのではないかと思っていたのですが、実際始まってみると、10個や20個は当然のごとく、一番拾えた生徒にいたっては、34個という驚くべき数字をたたき出していました。
本当はこの日だけで豆拾いは終了する予定だったのですが、参加した生徒たちが、ぜひファイナルをやりたい!と言いだしたため、2日目にもう一度、今度は上位7名の生徒で競い合うことになりました。

さて、本日はその2日目。
直前まで大雨が降っていたことと、前日もアクティビティ開始時間からだいぶ経ってから人が来だしたこともあり、この日もすぐにはやってこないだろうな、と思っていたのですが、意外や意外、開始時間からわずかでファイナル出場者たちがやってきて、こちらの期待以上の本気ぶりを見せてくれました。本番開始前の練習でも真剣そのもので黙々と豆を拾い上げ、本番開始のときには緊張で手が震える、と言いだす生徒まで。

その結果、なんとファイナル優勝者の成績は40個。昨日初めて箸を使ったという子が、今日には1分間に40個もの豆を拾い上げるというのは驚異としか言いようがありませんでした。ちなみに私も一緒に挑戦してみたのですが、結果は34個…初心者のタンザニア人に負けてしまうとは、箸文化の日本人としては面目丸つぶれです。
他の生徒たちも30個前後の豆を拾い上げていて、なかなかの上達ぶり。
そして、様子を見に来た生徒たちも「やってみたい!」と言いだしたため、その子達にもやらせてみると、やっぱりみんなとても真剣で、何度も何度も繰り返し挑戦していました。

豆拾い以外のけん玉や折り紙も好評で、折り紙の手順に四苦八苦している生徒もいましたが、上手くできあがると嬉しそうに喜んでいました。
折り紙


今回生徒たちの様子を見ていて改めて思ったのは、タンザニア人って案外手先が器用なんだな、ということ。
お箸の使い方もそうですが、折り紙を折っている様子を見ていても、よく外国人に折り紙を教えると、紙の角が合せられなくて苦労する人が多いと聞くのに対し、今日の生徒たちはなかなか折り方が綺麗で、すぐに折り方を覚えて他の子たちに教えている生徒もいました。

閉館時間の4時を過ぎ、終了を告げると、生徒たちは「またやりたい」「他の折り紙の折り方も教えて」など言いながら帰って行き、そんなふうに楽しんでくれた生徒の様子を見て、終わったときには少々疲れていたわたしたちも、「なかなか楽しかったね」と言い合うことができました。こんなことなら、もっと以前からやっていればよかったのかなとも思いますが、それはいまさら言っても仕方がないことなので、もし時間があればまたやってみてもいいかもなと考えています。



おまけ

夕方のビーチで。
近所の子どもたちが薪拾いをしてました。
いつも遠くからでも「えりー!」って呼んでくれます。
薪拾いの男の子

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。