バガモヨポレポレ通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや1か月が経ってしまいました

なかなか更新ができずに月日ばかり過ぎていきます。

この期間にあった出来事はいろいろありましたが、まずはこれ。
折鶴
どどーんと千羽の鶴が送られてきました。
以前勤めていた学校の生徒たちが折ってくれたとのこと。
あの飽きやすい高校生たちが良く根気よく折ってくれたものだと、感動しました。

そしてこんな作品も。
IMGP2598.jpg
連鶴です!
こんなのが折れる子がいたとは!!

そして図書館のカウンターに日本の高校生からの贈り物として置いてみました。
もちろん図書館だよりでも宣伝。
興味を持ってくれた子も多く、喜んで持って帰ったり自分で折ってみたいという生徒もいて、即席折り紙講座を開いたりしました。折ってくれた生徒のみんな本当にありがとう!


そして、卒業式。
この学校は8月末から新年度が始まり、12月までが前期で、1月から6月までが後期になっています。
任地に来てから仲良くなった生徒たちもたくさん卒業していくということで、前回ブログでも紹介したしおりを、卒業生へのプレゼントにしようと決めました。
それで作り出したのはいいのですが、卒業生の人数を聞いてみると73人とのこと。
とりあえず80枚を目指して毎日せっせと作りました。
それぞれのしおりに書く名言もすべて別にしようと考えていたのでその名言を集めるのも結構時間がかかりました。
本当はしおりだけを渡すつもりだったのですが、作っているのを見ていた生徒たちが、名言がたくさん書いてあるものが欲しいというので、名言集をカードのようにして作り、そこにしおりと、しおりの説明(しおりを見ても、どう使うかわからない生徒が多かったため)を書いた紙を挟み渡すことに。
なんとか卒業式の前日までに作り上げることができました。
しおり

卒業式では式の間に友だちや家族がプレゼントを渡す時間があって、その人ごみに交じって配ったのですが、歓声を上げながら抱き合ったり写真を撮ったりプレゼント渡している人たちであふれかえり、もみくちゃにされながら必死で渡し終えたときには、すっかり疲れ果てていました。
来年はここでは渡すまいと固く心に決めました。

そして生徒たちが去ったあとの静かな図書館で今やっているのは、蔵書点検。
司書学校から実習生が2人来ていて、彼女たちと3人でやっています。
日本のようにバーコードを読み取るなんて便利なことはできないので、本とファイルをにらめっこしながら地道に作業を進めています。
彼女たちがいなかったらとても大変な作業になっていたでしょう。
蔵書点検

他の図書館スタッフよりもずっと頼りになる実習生たち。
司書学校を卒業したら職員として働いてほしい、と密かに願っています。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして

バガモヨ、で検索してたどりつきました。
19-4でバガモヨの司書隊員をやっておりました者です。
ムベガニにも何度か…。

今は日本で司書をしておりますが、今月1週間ほど里帰りを果たす予定です。
もし機会があればどうぞよろしくお願いします。
kazi njema!

Fountain | URL | 2012-07-03 (Tue) 00:02 [編集 ]


Re: はじめまして

コメントありがとうございます。
まさか先輩に見ていただけるとは!
SLADSで活動されていた方でしょうか?
Karibu Bagamoyo!
もう一人の司書隊員ともどもお待ちしております!

uelly | URL | 2012-07-05 (Thu) 02:03 [編集 ]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。