バガモヨポレポレ通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年が過ぎました。

タンザニアに来てから、1年が経過しました。
長かったようなあっという間だったような。

先日1週間ほどダルエスサラームに上がり、中間報告会と隊員総会に出席してきました。
中間報告会は、1年が経過した同期隊員たちが集まり、それぞれの活動について報告をします。
久しぶりに会った同期たちの報告を聞いて、みんな頑張っているんだなあととても刺激になりました。
活動が順調な人も、迷いつつ進んでいる人もそれぞれですが、1年間タンザニアで過ごしてきた隊員の一人一人がとてもたくましく、力強く成長しているように感じました。
自分も少しは成長できているのかな。

そして総会では、タンザニアで活動中の隊員があちこちから集まり、活動について紹介したり、グループワークを行ったりしました。
普段なかなか出会うことのない人たちと話をしたり、他の職種の仕事について学んだりできてなかなか興味深かったです。

そのほかにダルでしたことと言えば…

1.とにかく美味しいものを食べまくり!
韓国料理、タイ料理、日本料理、イタリア料理、そしてタンザニア料理…。
さすが首都(本当の首都はドドマだけど)、美味しいものがなんでもあります。
任地で痩せた分を取り戻す勢いで食べていました。

2.サバサバでお買い物。
サバとはスワヒリ語で7のこと。サバサバは7月7日の祝日を指します。
この日を合わせた1週間ほど、ダルエスサラームで商業祭が開かれ、タンザニア内外の企業や団体が出店し、さまざまの製品を売り出していました。
この期間中、2回サバサバ会場に行ったのですが(2回目は任地から同僚の人たちと一緒に)、タンザニアにはこんなに素敵な商品があるんだ!と驚かされたのでした。
そしてついつい予定より多くのお買い物をしてしまったりして…。
saba saba
カバンはサバサバではありませんが、ここ数日で買ったものを並べてみました。
久しぶりのショッピングを大満喫!

3.同期隊員に髪の毛を切ってもらった!
1年前に日本で切って以来伸ばしっぱなしだった髪の毛を、バッサリと切ってもらいました。
ショートボブになり、とっても軽くてラク!
切ってくれた子がとても上手で、とっても満足です。
任地に戻ってからのタンザニア人の反応が面白く、女の子は結構「似合っているね」と言ってくれるのですが、そもそも髪の毛を切ったことに気がつかない人が結構いて、髪型が全然違うのはカツラをかぶっているからだと思っているようでした。
切ったんだよ、と言うと「なんで切ったの!?」とか「もう2度と切ったらだめだよ」とか言われる始末。
タンザニアの人たちにとって、長くてまっすぐな髪はあこがれの的なので、それを切るなんて信じられない、ということらしいです。

以上がダルでやったこと。

数日任地を離れていると任地が恋しくなり、やっと戻ってきたときはとてもほっとしました。
ダルは物が豊富でお金さえ払えば何でも手に入る便利で快適な場所だけど、人も多く治安もあまり良くないから気も張って、すぐに疲れてしまいます。
任地は物は少ないけどのんびりしていて安心できる場所。
たまにはダルもいいけど、やっぱり任地が好きだなあとしみじみ感じる今日この頃です。
あとの1年足らず、1日1日を大切に過ごせたらいいなと思います。


今日は任地でゆっくり過ごしました。

近くに住むアンダーソンとなわとび。
なわとび
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

hodi

za siku?
sasa niko Dubai na leo jioni nitafika Tz...
labuda kesho nitakwenda Bagamoyo na Mbegani.
kama utakuwepo nitafurahi.
Mungu akipanga!

本文が英数字のみの場合は書き込めません と言われた ので コピペ...

Fountain | URL | 2012-07-14 (Sat) 13:45 [編集 ]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。