バガモヨポレポレ通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウントダウン

気がつけば、あと2週間で帰国です。
毎日があっという間に過ぎていく今日この頃、なのに片付けが進まず焦るばかり。

今日日本に荷物を送るために、バガモヨの街まで行ってきました。
国外に荷物を送る場合は、まず税関に行き、中身をチェックしてもらってから郵便局で発送します。
バガモヨの税関と郵便局は離れた場所にあるのでちょっと不便なのですが、ありがたいことに配属先から車を出してもらえたので、苦労せずに行くことができました。
また、これまでに荷物を送ったことのある人から、税関の手続きがかなり面倒で、とても時間がかかって大変だと聞いており、実際昨年帰国した先輩は、荷物を送るのに何時間も手間取り、疲れた様子で帰ってきたのを覚えていたので、ある程度時間がかかるだろうと覚悟したうえで行ったのですが、予想以上に手続きがスムーズで、それどころか、荷物を全部リストにして持っていったら特に中身もチェックされず、あっさりと終了してしました。
他の仕事もいろいろあって忙しそうだったからかもしれませんが、こんな適当でいいのか?と思ってしまったほどです。こちらとしてはありがたかったけれど。

こうやってやるべきことがひとつひとつ終了していくと、出発も間近なんだなあとちょっと感慨深い今日この頃です。

配属先の方は、先週の金曜日に卒業式があり、生徒たちもいなくなり(まだ残っている生徒もいますが)、静かになった分ちょっと寂しくなってしまいました。
図書館に毎日来てくれていた、密かにお気に入りの生徒と最後にちゃんと挨拶できてなかったため、残念だなあと思っていたのですが、昨日ひょっこり図書館に現れて、いつものように「えり、シカモー(目上の人にする挨拶)」と言われたとき、なんだか不覚にもうるっとしてしまい、慌てて泣きそうになるのをこらえました。
自分が泣きそうになってしまったことにびっくりだったのですが、もう会えないと思っていた生徒に会うことができたことがとても嬉しく、それと同時に今後は会えないのだと思うとやっぱり悲しく、そんな感情が一気に湧き上がってきて、涙腺が刺激されたようです。
今からこんなでは、週末に企画してくれているらしいお別れ会の時自分はいったいどうなってしまうのか…。
また任地を離れるときも、どれだけ泣いてしまうのか…考えるだけでも怖いです(笑)
卒業式
卒業生と一緒に。
わたしが着ているのは、職員全員に配られたお揃いのポロシャツ。なぜか一番小さいサイズがXLで、どう見てもぶかぶか(笑)



おまけ

eri mdogo
配属先の職員の子どもで、エリという名前の女の子。ほんとはエリなんとか、と長い名前なのですが覚えられず。みんなも「エリ」と呼んでいるので、わたしも「エリ ムドゴ(小さいという意味)」と呼んでいます。
わたしに似て(?)ちょっぴり恥ずかしがり屋さん。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。